斎藤友子 簡単 アレンジ術

2年前の暮押し迫った頃、倉敷のUさん、神戸のKさんが、私の東京の教室にいらっしゃいました。

「先生にアレンジを教えていただきたいのですが、その教えを体験させて下さい」

2台のピアノの前にそれぞれ座っていただいて、アレンジ術の導入にお連れしました。

目から鱗!
この学びなら地元で受講者を集められます‼

とお二人とも目を輝かせてお帰りになりました。

自分のピアノの前で作品を作り続けていた、およそ30年の時代が変化を遂げた瞬間でした。

思いつくままオリジナル作品を書き、生徒のリクエストでポピュラー、ジャズをアレンジし、ボランティア活動をする友人の歌のユニットにアンサンブル作品を提供し、ピアノのレッスンのかたわら、飽きもせず書き続けた年月でした。

書きためた作品は膨大です。

お二人の登場で私の日々は激変しました。
キャリーバッグにアレンジの資料を入れて、新幹線で行ったり来たり。

毎回メソッドを組み立てて、重ねた日々。

そのアレンジ術が名古屋に飛び火して、
今年からは東京でもアレンジ講座が始まりました。

旅と共に築かれて行ったメソッド。

わかりやすい、
誰でも理解出来るコード奏法への道。
教えている事自体が面白く、嬉しいのです。

ありがたいな。
楽しいな。


[PR]
by saitotantan17 | 2017-11-21 15:03 | Comments(0)